2021年7月号

¥ 1,320 税込

加算ポイント:12pt

商品コード: 4910154330716

数量

巻頭を飾るのは、JHL、大学、高校のニューカマーを一挙紹介する“新鮮”力特集です。

そして、特別企画として、ジークスター東京への移籍で大きな話題を呼んだ土井レミイ杏利、東江雄斗、小室大地、小山哲也の4選手による座談会を開催。彼らが「ジークスターで戦うことを決めたワケ」を6ページにわたってお届けします。彼らの意気込みがたっぷり詰まっていますのでお見逃しなく!

2つ目の特集は、東京オリンピック展望。
ハンドボール競技は7月24日に開幕と、いよいよスローオフの時が近づいてきました。まだ代表メンバーが発表される前ですが、7月号では第1弾として日本代表の近況をお伝えするとともに、出場国の基本情報や大会で注目したい選手など、オリンピック関連の話題を集めました。大会直前に発売される8月号では第2弾をお届けする予定ですので、まず今号を各国の情報整理にお役立てください。

さらに、7月号ではもう1つ特別コンテンツをフルカラーでお届けします。自身も長年ハンドボールに親しみ、2020年9月号では興南高(沖縄)の後輩である東江雄斗選手と対談を行なった俳優の高田舟さんが再び本誌に登場!

今回は、興南高の先輩で、プライベートでも親交のある東長濱秀希(東京)選手とのスペシャルトークが実現しました。後輩の高田さんがやや緊張しながらも、楽しい雰囲気の中で行なわれた対談のようすは、動画でも配信していますので、本誌と合わせてお楽しみください。

海外挑戦をめざす人に向けて役立つ情報をお伝えしてきた『未来へのスプリングボード』は今号が最終回。

選手として活躍するためのヒントを探ってきた第1回(2021年3月号)、第2回(2021年6月号)とは異なり、今回は指導者に焦点を当てました。ノルウェーで指導に携わる内林絵美さん(「夢に続く道」を連載中)や現在は豊田合成のコーチングスタッフとして活躍する吉村晃さん(「AY-COPENHAGEN Z」を連載中)ら、海外で貴重な経験を積んでいた先輩たちのためになる体験談からは、たくさんの気づきが得られるはずです。

ほかにも、球界内外から大きな注目を集めた斬新な新体制を発表した日本リーグの記者会見の模様や、ギラン・バレー症候群を発病するも、日本リーグの2020-21シーズンまでHC名古屋で戦い抜いた山中みなみさんの特別リポートの後編(前編は2021年6月号)など、さまざまな話題を取り上げています。